Loading

鹿児島大学教育学部美術専修

教育学部の学生にとっての本活動

鹿児島大学教育学部美術専修の場合

 

本活動は2013年に作成した《たねがしま座》企画案に「作家と南種子町民、大学生と地域、芸術家と科学者等の交流を生み出すことを目的としたワークショップを実施する。」と記し、起案当初からワークショップ等の教育活動を計画していた。更に、ワークシート上に既定された星を自由に線で繋ぎ、新しい星座を考案して絵を完成させる内容を提案した。星の位置は南種子町の8つの小学校と種子島宇宙センターの位置関係に等しく、《たねがしま座》制作プロジェクトで地上に描き出す「星座」が町内の全小学校が舞台となる構想としてまとめられた。鈴木は鹿児島県内で美術専修の教育研究に携わる鹿児島大学教育学部 清水香准教授に協力を依頼し、2013年5月より同大学と金沢美術工芸大学の交流をスタートさせた。鈴木は2013年8月12日種子島宇宙センター宇宙科学技術館にて「たねがしま座プロジェクト/コンセプト展示」を行い、鹿児島大学の学生5名と教員1名(清水氏)が展示やワークショップの実施に協力した。翌2014年10月20日─23日に南種子町内8校の児童288名が参加した「種子島宇宙芸術祭プレイベント2014 こども宇宙芸術教室」では、鈴木、大木が同大学教育学部学生4名と協力してレクチャーとワークショップを成功させた。人工衛星による南種子町の撮影が行われた同年12月26日には、金沢美術工芸大学の学生11名に加え、同大学の学生2名が合流し《たねがしま座》の制作において、初めて学生間交流がなされた。活動後に集めた学生アンケートからは、

「地域に合った学びは子どもたちの意欲をかきたてる。実際、教室での導入時から子どもたちの食いつきが凄くて驚いた。」[教育学部2年 田中優佳子]

「今回のような活動を続けていくことで、子どもたちの持つ興味や知識の幅が広がり、より経験値を高め、学びを豊かにできるように感じます。」[教育学部2年 飯田絵理]

といった、教育学的な評価が得られた。この活動が科学や芸術の導入教育として機能すると同時に、教育者を育てるプログラムとしても機能した可能性がうかがえる。

(前略)この活動は実際に絵を描くだけで終わらず、人間リフレクタ、自分自身も星座の一部になれる企画がありました。子どもがどうやったら、自分が星座の一部で映るようになるのか想像力をはたらかせて工夫していたことが面白かったです。これは、事前に綿密に打ち合わせをして、どうやったら人間リフレクタは映るのか試してから行ったので、子どもたちにもとても説得力があり、頑張って望んでくれました。やはり、実際に体験することで美術の表現したことが実現するので、思考したことを行動するという勇気がいることを子どもたちは楽しんでやってくれました。私自身も子どもの発想にふれられたり、想像力の豊かさに感動したり、人間リフレクタが映るのかドキドキすることを肌で感じられて貴重な体験が学べました。[教育学部2年 中俣満理奈]

(前略)本番終了後の食事時に解析結果を見た時、胸が一気に熱くなったことを、今でも鮮明に覚えています。このプロジェクトは、私たちにとってもですが、子どもたちにとっても印象深い経験になるのではないかと思います。種子島の子どもたちの宇宙に対する興味・関心が高いことは、10月の活動でもうかがえましたが、「自らが星座の一部になれるかもしれない」ということで積極的に活動に取り組む姿勢から、子どもたちの活動への意欲が高まっていることが感じられました。この活動に対しての意欲の高まりが、子どもたちを夢中にさせたのだと思います。また、子どもたちが懸命に思考を凝らしながらポーズを決めている姿を見た時、私自身も「子どもたちの期待に応えたい」と、このプロジェクトの成功への意欲が一層高まりました。参加した人たちが全力で取り組んだ結果が、成功となって返ってきて本当に嬉しく思います。[教育学部2年 飯田絵理]

 

金沢美術工芸大学

美術大学と科学の接点としてのプロジェクト

金沢美術工芸大学の場合

 

《だいちの星座》プロジェクトは実験の積み重ねである。《たねがしま座》から《たかはぎ座》にいたる活動は、それら一つひとつが大規模な実験であったといえるが、金沢美術工芸大学ではこれらの活動に先行(または並行)して小規模な実験を繰り返してきた。鈴木は2013年に《だいちの星座》がスタートする以前にも、同大学の学生らとともに効率よく電波を反射する校正用の器具〈コーナ リフレクタ〉(以下、CR)を改良した芸術作品制作用のハンドメイドCRを最適化している(文化庁メディア芸術クリエイター育成支援事業「人工衛星を利用した地上絵制作プロジェクト」報告書)。同様に、2014年より〈製作プロセスの簡素化とコスト軽減を目的とした小型化〉、〈風荷重を軽減する電波反射面の金網化〉、〈運搬と保管を考慮したCRの折り畳み構造採用〉、〈撮影準備を容易にするCR底面仰角0度配置〉、〈CRの集中による撮影画像への影響確認〉、〈アルミ蒸着シート着用時の効率的な電波反射姿勢〉、〈CRの組立と配置手順の確立〉等の実験も行った。芸術を学ぶ学生にとって本活動が如何に機能したかを知るための参考として、《たねがしま座》の制作に参加した学生の当時の感想を掲載する。(学年は実施年時の表記)

(前略)日常生活の中で変化していく物事に興味がある私としては、このプロジェクトはたいへん有意義なものとなっています。今回の《たねがしま座》は、多くの方々の協力によって成功しました。各小学校のグラウンドで活動している人々の間に、星座のような繋がりが生まれ《たねがしま座》が完成します。芸術が人々を繋ぐ働きを担うだいちの星座プロジェクトは、国境を越えた世界規模での芸術活動も夢ではないように思いました。[大学院絵画専攻油画コース1年 吉田勘汰]

「科学の入口は芸術であっても良い」。このことを一番実感したのは私たちだったかも知れない。私はもともと宇宙って言い知れないロマンがあるなあ、と思っていた程度で、ましてや「科学」なんて文系の私にはとっつきにくい、という気持ちさえ持っていた。ただ、大学の中にいては味わえない面白いことがあるような気がして、このプロジェクトに参加した。

月に一回の定例会に参加して、プロジェクトの進行具合を確認するとともに、メンバーと宇宙について話す。みんなでロケット発射のライブビューイングを見たり、天体観測をしたりした。そして、《かなざわ座》実験の日。初めて自分たちの作ったリフレクタを宇宙に向けて設置した。肉眼では人工衛星は見えなかったが、衛星写真にはしかと星のような丸い点が写っていた。

自分が地球に点を描いたのだ。それを宇宙からの写真で確かめることが出来た。自分の存在がほんの少しだけど宇宙を変化させていることを実感して、興奮した。

目に見えないものを視覚化する。それは、芸術において長年試みられてきたことではないだろうか。私は、目に見えない「風」を表現しようとした、たくさんの彫刻家のことを思い浮かべた。彼らは、自分なりの解釈で風の形を石に刻んだり、木で彫ったりした。しかし、そういった作品の多くは、作品から何を感じることができるか、風を感じることができるのか、ということを個人的な想像力に任せているところがあった。

しかし今回のプロジェクトでは、目に見えないものを個人的な想像力ではなく確かな情報としてより多くの人が共有できるかたちとなった。「だいちに星座を描く」。こんな夢のようなことが「科学」によって実証されたのである。これは、「科学」と「芸術」の両方が歩み寄ってこそ出来たことだと思う。

種子島でのプロジェクトに行く頃にはすっかり宇宙のことが好きになっていた。種子島で美しい星空を眺めながら、友人とコアな銀河について語り合っていた。

今回のプロジェクトは、普段「芸術」の域に凝り固まっている私たちの感覚を、広い世界に解き放ってくれたように思う。よく、作品をつくる上で「客観性」とか「外からの視点」を大切にするように、と言われるが、このプロジェクトに参加したことで私たちは「地球の外からの視点」を味わった。

芸術に特化した活動に参加するのも悪くないが、こういった「いつもと違うところから芸術を捉える」活動に参加することが今、美大の学生が最も参加すべき活動ではないだろうか。[彫刻専攻2年 野村由香]

 

プロジェクト変遷:たねがしま座| Project History: Tanegashima Constellation

だいちの星座がスタート

本活動は、参加する小学校児童らがJAXA種子島宇宙センターにて打ち上げ前の「だいち2号」を見学することからスタートした。強く風が吹く種子島の気象条件や「だいち2号」の高い解像能に合わせ、金沢美術工芸大学の学生らとともに考案した新しい電波反射器が製作された。小学校で大勢の児童が参加するレクチャーを実施し、地上絵を描くための電波反射器の配置は小学校のグラウンドを利用した。金沢美術工芸大学と鹿児島大学が小学校の教員や児童らと協力し、はじめて《だいちの星座》が地上絵として具体化した。


Start of Constellations of the Earth

The project began with a visit by pupils from the participating elementary schools to the JAXA’s Tanegashima Space Center, to see the Daichi 2 before its launch. Then came the assembly of the corner reflectors, which had been devised together with students from the Kanazawa College of Art. They had been designed to accommodate the climate conditions on the island of Tanegashima with its strong winds, and to fit the high resolution capability of Daichi 2’s sensor. A lecture was held at the elementary school, attended by a large number of pupils. The school grounds were used as the locations for the corner reflectors. It was the collaborative effort of Kanazawa College of Art, Kagoshima University, and the staff and pupils at the elementary schools that created the first Constellations of the Earth geoglyph.

 

art space kimura ASK?

だいちの星座─
たねがしま座・つくば座・もりや座
Constellations of the Earth:
The Tanegashima, Tsukuba
and Moriya Constellations


会期 2015年7月28日─8月8日
会場 アートスペースキムラASK?(東京)
共催 金沢美術工芸大学、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、
アートスペースキムラASK?
助成 JSPS科研費(課題番号25370171)、三谷研究開発支援財団
協力 アーカスプロジェクト実行委員会、種子島宇宙芸術祭推進協議会、
ネコビデオビジュアルソリューションズ(NVS)

関連企画 シンポジウム「芸術表現と人工衛星」│8月1日
発表者:鈴木浩之、大木真人、萩原朔美(多摩美術大学)、
石井瑞穂(アーカスプロジェクト)、菅谷智洋(JAXA)、
秋庭史典(名古屋大学)
シンポジウム動画配信:ネコビデオビジュアルソリューションズ(NVS)

出品作品 たねがしま座、つくば座、もりや座

展示資料 活動場所を記録した鹿児島県南種子町内地図、
同つくば市内地図、同守谷市内地図、
電波反射器(1m×1m×1m)、だいちの星座活動(2014-2015)記録映像、
「だいち2号」紹介映像(JAXA)、「だいち2号」模型(JAXA)


Dates July 28 – August 8, 2015
Venue art space kimura ASK? (Tokyo)
Co-organizers Kanazawa College of Art,
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA),
art space kimura ASK?
Support JSPS KAKENHI (Grant Number JP25370171),
The Mitani Foundation for Research and Development
In association with ARCUS Project Administration Committee,
Association for Tanegashima Space Art Festival,
Necovideo Visual Solutions (NVS)

Related event Symposium
“Artistic Expression and Artificial Satellites” (August 1)
Speakers: Hiroshi Suzuki, Masato Ohki,
Sakumi Hagiwara (Tama Art University),
Mizuho Ishii (ARCUS Project), Tomohiro Sugaya (JAXA),
Fuminori Akiba (Nagoya University)
Symposium live stream: Necovideo Visual Solutions (NVS)

Presented works Tanegashima Constellation,
Tsukuba Constellation, Moriya Constellation

Exhibited materials Maps of activity locations in Minamitane
(Kagoshima Prefecture), in Tsukuba and Moriya (both Ibaraki
Prefecture), corner reflector (1 x 1 x 1 meter), video
documenting Constellations of the Earth activities (2014–2015),
presentation video of Daichi 2 (JAXA), model of Daichi 2 (JAXA)

たねがしま座│Tanegashima Constellation

“Tanegashima Constellation” Hiroshi SUZUKI + Masato OHKI, 2015, Geoglyph image

 

Imaging day December 26th, 2014
Imaging time 12:53
Target Minamitane Town, Tanegashima,
Kagoshima / JAPAN
Satellite ALOS-2
Scene ID ALOS2031942970-141226

Reflection on the ground
Number of team 9
Number of reflection 9
Number of people 174
Satellite azimuth 285°

Subtraction processing
Imaging day February 3rd, 2011
Imaging time 22:41
Target Minamitane Town, Tanegashima,
Kagoshima / JAPAN
Satellite ALOS (PALSAR)
Scene ID ALPSRP267890600