Loading

アルス エレクトロニカ 2019


会期 2019年9月5日─9月9日
会場 Ars Electronica Postcity(リンツ市/オーストリア)
展示作家 DTG(大泉和文+加藤良将)、石川陽菜、大﨑のぶゆき、片岡勲人+関口敦仁、小鷹研理、鈴木浩之+大木真人、山本努武
主催 アルス ・エレクトロニカ
共催 愛知県立芸術大学
支援 文化庁メディア芸術海外展開事業

出品作品 たかはぎ座(デジタルCプリント、アクリルマウント)、だいちの星座/4K(4K、h.265 HEVC)

展示資料 「たかはぎ座」の活動記録映像、A0ポスター

高萩市内小学校

小学校とだいちの星座の活動

高萩市の市立小学校の場合

 

高萩市は2017年6月に「小学生を対象とした現代アート・ワークショップ」と題し、子どもたちの豊かな創造力、想像力及び思考力などを養いつつ将来の芸術家や観客層を育成する目的で「だいちの星座─たかはぎ座」プロジェクトを企画した。鈴木らは高萩市内の全小学校4校全児童・教職員(松岡小学校6年生は修学旅行の為、撮影不参加)と協力してレクチャーとワークショップ(6月12日─13日に各校で実施)や人工衛星による撮影(6月15日に4校参加児童合計1,179名+職場体験中の地元中学校生徒たち)を実施した。《たかはぎ座》の活動では各校が学校全体で取り組む活動として全校児童が参加し、通常であれば授業の行われる平日の授業時間帯に行われた点でそれまでの《だいちの星座》とは異なる〈教育との深まり〉を示した。〈芸術作品制作が創造や想像、思考の力を養う〉、という機能が教育の現場で再確認されるとともに、本活動が小学校教育と自治体、協賛企業、さらには大学(茨城大学、筑波大学、金沢美術工芸大学に在籍する学生有志)や研究機関(JAXA)をひとつの目的に向かって繋げることに成功した。各校では、校長をはじめ教職員の協力の下で児童らの年齢などを考慮し、無理なく参加できる体制が考案された。その結果、電波反射板の製作や各校グラウンドでの整列、電波反射板の方位角調整などが首尾よく進められた。芸術・科学の学びを内包する本活動を高萩市と一体となって進められたことで、《だいちの星座》の教育的な側面が理想的に表れた。

 

プロジェクト変遷:たかはぎ座|Project History: Takahagi Constellation

市内全小学校の全児童が参加して電波を反射

《たかはぎ座》の活動では、高萩市内の全小学校(4校)の全児童が参加したレクチャーと、3~6年生を対象にワークショップが実施された。4校の校庭にそれぞれ教員によって引かれた白線を目印に児童らが整列し、片面にアルミ箔を貼った電波反射板を手に持ち、人工衛星の通過する方位に揃えて角度を固定した。現地撮影時刻には約1,200名の児童が参加して、各小学校のグラウンドごとに大きな「星雲」を描くことに成功し《たかはぎ座》は完成した。なお、《たかはぎ座》では本活動では唯一となる、全撮影箇所での「だいち2号」地上観測用電波の受信と、(校内放送等による)その音の実時間共有がなされ、聴覚を通して宇宙と地上を結ぶイメージを児童らに届けた。


All elementary school students in the city coming together to reflect radio waves

For Takahagi Constellation, there were lectures attended by all the pupils at all four elementary schools in the city of Takahagi, along with workshops for their third- to sixth-years. The children stood in rows along white lines marked on the school grounds by the schools’ teachers, and held plate reflectors lined with tin foil on one side at fixed angles facing the passing satellite. Roughly 1,200 children in total participated at the time of imaging. They succeeded in drawing large “nebulae” in each school ground, completing the Takahagi Constellation. This installment is the only one in the Constellations series in which the Earth observation radio waves from Daichi 2 were received at every imaging location using receivers, sharing the sounds in real time (through the schools’ PA system and such). It thus allowed the children to use their sense of hearing to picture the connection between the satellite out in space, and themselves standing on the earth.

 

愛知県立芸術大学芸術資料館

映像とメディアアート展
インターフェイスとしての映像と身体
Image and Media Art Exhibition:
Image and Body as Interface


会期 2017年9月9日─9月24日
会場 愛知県立芸術大学 芸術資料館
展示作家 ロラン・ミニョノー&クリスタ・ソムラー、伊藤明倫+高橋一誠、
大泉和文、金井学、鈴木浩之+大木真人、村上泰介、関口敦仁
主催 愛知県立芸術大学
共催 日本映像学会メディアアート研究会

出品作品 たかはぎ座

展示資料 電波反射器(1m×1m×1m)、
電波反射板(420×594mm)、「たかはぎ座」の活動記録映像、
アンテナ、無線受信機、「だいち2号」模型(JAXA)


Dates September 9–24, 2017
Venue Aichi University of the Arts, University Art Museum
Artists Laurent Mignonneau & Christa Sommerer,
Akihito Ito & Issey Takahashi, Kazufumi Oizumi,
Manabu Kanai, Hiroshi Suzuki & Masato Ohki,
Taisuke Murakami, Atsuhito Sekiguchi
Organizer Aichi University of the Arts
Co-organizer Media Art Studies,
Japan Society of Image Arts and Sciences (JASIAS)

Presented works Takahagi Constellation

Exhibited materials corner reflector (1 x 1 x 1 meter),
plate reflector (420 x 594 millimeters),
video documenting Takahagi Constellation activities,
antenna, radio receiver, model of Daichi 2 (JAXA)

 

たかはぎ座│Takahagi Constellation

“Takahagi Constellation” Hiroshi SUZUKI + Masato OHKI, 2017, Geoglyph image

 

Imaging day June 15th, 2017
Imaging time 11:42
Target Takahagi City, Ibaraki / JAPAN
Satellite ALOS-2
Scene ID ALOS2165302880-170615

Reflection on the ground
Number of team 4
Number of reflection 1195
Number of people 1179
Satellite azimuth 100°

Subtraction processing
Imaging day August 11th, 2016
Imaging time 11:43
Target Takahagi City, Ibaraki / JAPAN
Satellite ALOS-2
Scene ID ALOS2119762876-160811