Loading

茨城大学

総合大学の学際的な活動としての芸術作品制作

茨城大学の場合

 

2016年3月に《いばらきけんぽく座》の活動は茨城大学との連携を始動した。茨城大学とはこれまでにない人数と規模、総合大学ならではの連携活動を実現させた。同大学の全5学部のうち人文学部(19名)、教育学部(7名)、理学部(7名)、工学部(1名)の4学部34名の学生・院生と、教職員6名が、まず、同年6月11日・12日に茨城県北芸術祭実行委員会主催の「だいちの星座─いばらきけんぽく座─参加説明会・ワークショップ」や、同年8月9日に常陸大宮市アーティスト発掘推進事業「だいちの星になろう! 大きな電波反射板に自分で考えた星座を描くワークショップ」でチューターとして活動した。また、同年8月11日茨城県北6市町会場での「人工衛星による《いばらきけんぽく座》の撮像」においては撮影箇所の運営に加わり制作を補助した。さらに、同年9月17日─11月20日「《いばらきけんぽく座》とドキュメント及び電波反射器の展示」では、作品展示の補助という形で携わった。同年10月29日、鈴木と大木は茨城大学宇宙科学教育研究センター主催により「アンテナ、人工衛星、地上絵?─電波でみる世界」と題したプログラムに参加し、子どもを対象とした〈電波〉を題材とした芸術と科学の世界を伝える教育に貢献した。

《いばらきけんぽく座》の茨城大学参加メンバーをまとめる中心的な役割を務めた教育学部の片口直樹准教授は活動を振り返り、《だいちの星座》が茨城県北芸術祭のプログラムに加わったことで、芸術を介して学部間の連携を図る可能性が広がったと述べている。片口氏は、本活動が、

● 地域との連携で街を活気づける
● 多くの学生が芸術活動の運営に参加できる機能を有する
● 芸術祭への学生の関心を高める期待に応えた

と評価する一方で、一般参加者に魅力が十分伝わったかという点で未知数な部分もあると指摘している。加えて、片口氏は、茨城県が古くから芸術と科学の両分野にとって縁の深い地域であり、十分な準備期間を確保することで、芸術と科学が交わる本活動が、今後、地域社会からより大きな関心を得られるのではないかと分析した。《いばらきけんぽく座》の活動には人文学部の西野由希子教授、工学部住谷秀保助教、理学部百瀬宗武教授や米倉覚則准教授、さらには社会連携センターの杉山大樹氏らが加わり、学際的且つ地域に根付いた繋がりが実現した。〈宇宙〉というキーワードが出会いの場をつくり、異分野の学生や教員が集まる機能が確認できたといえる。片口氏は、美術教育学の専門的な観点から、子どもの想像を誘発する活動であり、且つ、答えや結果がすぐ出ないことから想像の状態が持続する点を評価している。また参加者自らが作品の一部(星座の星)と化すプロセスを体感することで、それぞれに想像力の活性化を促していたと分析した。本活動は子どもだけでなく、様々な分野の学生が影響し合える魅力があり、次回の活動が期待されると述べている。活動に参加した学生からは、

「未知の方法で絵を描くプロセスに惹かれた。徐々に明らかにしていく活動に参加出来、貴重な時間を過ごせた。」[教育学研究科1年 程田華奈]

「人工衛星から何かを写す為に塩ビ管と金網を使う意外性に興味がわいた。理論を実際に行動して確認することが楽しかった。」[大学院 理工学研究科1年 金坂青葉]

「天文分野のサークル活動を続けていた関係から〈地上に星座を描く〉という活動に興味を持った。完成した作品が地形とともに地域の様々な人の生活を反映したグラフィックとなっており驚いた。」[理学部3年 本多将人]

といった感想が聞かれた。

 

いばらきけんぽく座:北茨城|Ibaraki Kenpoku Constellation: Kitaibaraki

いばらきけんぽく座:高萩|Ibaraki Kenpoku Constellation: Takahagi

いばらきけんぽく座:日立|Ibaraki Kenpoku Constellation: Hitachi

いばらきけんぽく座:常陸太田|Ibaraki Kenpoku Constellation: Hitachiota

いばらきけんぽく座:大子|Ibaraki Kenpoku Constellation: Daigo

いばらきけんぽく座:常陸大宮|Ibaraki Kenpoku Constellation: Hitachiomiya

プロジェクト変遷:いばらきけんぽく座|Project History: Ibaraki Kenpoku Constellation

だいちの星座で最も広い範囲に描いた星座

《いばらきけんぽく座》は、茨城県北芸術祭の開催地、各6市町に依頼したプロジェクトリーダーが、茨城大学・同大学院の学生や芸術祭サポーター、一般参加者らと協力し、《たねがしま座》から続く全《だいちの星座》の活動の中で最も広い範囲に描いた地上絵となった。また、この制作では企業の支援、とりわけ電波反射器材料の提供を受けることができ、合計40基以上の電波反射器が新たに製作され各市町に分散して配置された。各撮影箇所ではユニークな形をした電波反射器が配置され、家具製作の精度で仕上げられたものや短冊が連なった電波反射体(常陸大宮市)、ロケットの形(高萩市)なども見られた。


The largest among the Constellations

For Ibaraki Kenpoku Constellation, the project leader sought assistance from the six venue cities and town of KENPOKU ART 2016. Collaborating with undergraduates and graduates from Ibaraki University, KENPOKU ART 2016 Supporters, and participants from the public, the completed geoglyph covered the largest geographical area out of the whole series of Constellations beginning with Tanegashima Constellation. This installment also received corporate support, especially regarding supply of materials for the reflectors. Over 40 reflectors were newly built, and set up all over the area in the cities and town. Radio wave reflectors of unique designs were set up in each imaging location, including corner reflectors that had been finished to a quality like a piece of furniture, a reflector made out of an array of strips (in Hitachiomiya), and even a rocket-shaped reflector (in Takahagi).

 

茨城県北芸術祭

だいちの星座─いばらきけんぽく座
Constellations of the Earth:
Ibaraki Kenpoku Constellation


会期 2016年9月17日─11月20日
会場 旧美和中学校(常陸大宮市)*芸術祭全体は茨城県北6市町全域で開催
主催 茨城県北芸術祭実行委員会
共催 金沢美術工芸大学、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、
茨城大学社会連携センター
助成 JSPS科研費(課題番号16K02318)
協賛 株式会社クボタケミックス、信越ポリマー株式会社、
東栄管機株式会社、東洋アルミニウム株式会社、西日本金網協会
協力 アーカスプロジェクト実行委員会

関連企画1 レクチャー・ワークショップ「だいちの星座─いばらきけんぽく座」│6月11日、12日│旧美和中学校、茨城大学日立キャンパス

関連企画2 ワークショップ「だいちの星座になろう! 大きな電波反射板に自分で考えた星座を描くワークショップ」│8月9日│旧美和中学校
(常陸大宮市アーティスト発掘推進事業)

関連企画3 ワークショップ「人工衛星による『いばらきけんぽく座』の撮像」8月11日│茨城県北6市町各会場

出品作品 いばらきけんぽく座

展示資料 活動場所を記録した地図(大子町、常陸大宮市、北茨城市、
高萩市、常陸太田市、日立市)、市町毎で撮影された参加者集合写真、
8月11日の旧美和中学校グラウンド記録映像、活動記録写真スライド、
電波反射器(1m×1m×1m)7基、「だいち2号」模型(JAXA)、
「だいち2号」紹介映像(JAXA)


Dates September 17 – November 20, 2016
Venue Former Miwa Junior High School (Hitachiomiya)
*The festival itself was staged all across the Kenpoku region of
Ibaraki Prefecture, in 6 cities and town.
Organizer KENPOKU ART Executive Committee
Co-organizers Kanazawa College of Art, Japan Aerospace Exploration (JAXA), Ibaraki University Center for Social Cooperation
Support JSPS KAKENHI (Grant Number JP16K02318)
Sponsors Kubota Chemix Co., Ltd., Shin-Etsu Polymer Co., Ltd., TOEIKANKI Co., Ltd., Toyo Aluminium K.K., Association of West Japan Wire Netting
In association with ARCUS Project Administration Committee

Related event 1 Lecture/Workshop “Constellations of the Earth: Ibaraki Kenpoku Constellation” (June 11–12; Former Miwa Junior High School / Ibaraki University Hitachi Campus)

Related event 2 Workshop “Let’s Become a Constellation! Draw constellations of your own design on large plate reflectors” (Hitachiomiya City Program for Discovering and Promoting Artists) (August 9; former Miwa Junior High School)

Related event 3 Workshop “Satellite Imaging of Ibaraki Kenpoku Constellation” (August 11; venues in 6 cities/town in Kenpoku region)

Presented work Ibaraki Kenpoku Constellation

Exhibited materials Maps of activity locations (Daigo, Hitachiomiya, Kitaibaraki, Takahagi, Hitachiota, Hitachi), group photographs of participants in each city/town, video of imaging day (August 11) at Former Miwa Junior High School grounds, slides documenting project’s activities, 7 corner reflectors (1 x 1 x 1 meter), presentation video of Daichi 2 (JAXA), model of Daichi 2 (JAXA)

いばらきけんぽく座│Ibaraki Kenpoku Constellation

“Ibaraki Kenpoku Constellation” Hiroshi SUZUKI + Masato OHKI, 2016, Geoglyph image

 

Imaging day August 11th, 2016
Imaging time 11:43
Target Ibaraki / JAPAN
Satellite ALOS-2
Scene ID ALOS2119762876-160811

Subtraction processing
Imaging day September 24th, 2015
Imaging time 11:43
Target Ibaraki / JAPAN
Satellite ALOS-2
Scene ID ALOS2072152876-150924
Satellite azimuth 100°


Location: Takahagi City
Position 36°41’57. N / 140°41’39. E
Leader Tomonobu SUZUKI

[Reflection on the ground]
Number of original reflection 10
Number of other reflection 10 + α
Number of people 35


Location: Hitachiota City
Position 36°34’36. N / 140°33’2. E
Leader Kazushi MORI

[Reflection on the ground]
Number of original reflection 10
Number of other reflection 10 + α
Number of people 23


Location: Hitachiomiya City
Position 36°39’54. N / 140°18’20. E
Leader Masayuki TAGUCHI

[Reflection on the ground]

Number of original reflection 27 (1 big size)
Number of other reflection 7 + α
Number of people 51


Location: Daigo Town
Position 36°46’40. N / 140°19’38. E
Leader Atsushi MINAKAWA

[Reflection on the ground]

Number of original reflection 10
Number of other reflection 1 + α
Number of people 26


Location: Hitachi City
Position 36°34’24. N / 140°38’22. E
Leader Hitachi Civic Center Science Museum

[Reflection on the ground]

Number of original reflection 10
Number of other reflection
Number of people 47


Location: Kitaibaraki City
Position 36°49’55. N / 140°42’35. E
Leader Mutsumi SATO

[Reflection on the ground]

Number of original reflection 11
Number of other reflection 6 + α
Number of people 23