レクチャーとワークショップ| Lecture & Workshop

本活動の参加者は、まずレクチャーを聴き、電波を反射させる道具と「だいち2」を利用して地上に絵を描く手法について理解する。続いて《つくば座以降、ワークショップでは電波を反射させる道具を自ら製作する。これらは、本活動が芸術と科学という領域を超えて〈宇宙〉という共通のフィールドで展開する為の(参加者にとっての)重要なプロセスといえる。


Participants of the project first attend a lecture to gain understanding about the equipment used to reflect radio waves, and about the method for drawing a picture on the land using Daichi 2. Since the Tsukuba and Moriya constellations, the participants themselves then build the radio wave reflectors in a workshop. These are important processes for the participants and for this project, which unfolds in the realm of space – a field that straddles art and science.

 

シェアする